PR動画でファンを作る!ファンを増やすために最も大切なこと

目次

PRって実はみんなが思ってるより深い!

「PRって何?」って聞かれたら、あなたは何て答えますか?
多くの人が「何かを宣伝すること?」と返すかもしれませんが、実はそれだけじゃないんです。「パブリック・リレーションズ(PR)」という言葉の通り、「公衆との良好な関係を築くこと」が真の目的なんです。

YAMACO 40th
でも、「良好な関係」って、一体どうやって築けばいいの?

広告とPRの違いって?

「広告」が商品やサービスを直接売り込むことに焦点を当てているのに対して、PRは関係構築がキー。
売上を直接伸ばすんじゃなく、企業や組織の「好印象」を植え付けて、結果としてファンを増やすわけです。

YAMACO 40th
結構イメージ変わるなぁ

なぜ動画でPRするのが最高なのか

じゃあ、実際に「関係構築」のためにはどんな手段を使うべきなのでしょう?テキスト?SNS?
実は、最強の武器、それが動画なんです!

テキスト VS 動画:情報伝達バトル

テキスト:

  • 精密で正確な情報伝達が可能
  • 情報の索引化・検索性に優れる
  • どこでも読めるアクセシビリティ

動画:

  • 直感的理解を助ける視覚と音声の組み合わせ
  • 感情を動かす力が強い
  • エンゲージメントを高め、情報の拡散力も抜群

結論 動画は感情を動かすスーパーパワーを持っているんです!

実際にファンを作るには?

さて、動画の力を使って「ファン」を作るにはどうすればいいのか。
大事なのは、感情に訴える内容を作ること。

🌟 ステップ1: 心を動かす物語で視聴者を引き込む

まず重要なのは、ただ製品を見せるのではなく、その製品がなぜ生まれたのか、どんな情熱が背景にあるのかを伝えること。あなたのブランドストーリーが視聴者の心に響き、共感を呼ぶことで、初めての出会いが深い関係へと発展していきます。

🚀 ステップ2: あなたの製品だけのユニークな魅力を強調

次に、あなたの製品がなぜ特別なのか、その独自性を前面に押し出すこと。この独自性が視聴者の好奇心を掻き立て、製品への興味を引き出し、愛着へと変わります。

💡 ステップ3: 視聴者が参加できる機会を創出

動画では視聴者を受動的な存在にせず、コメントで意見を求めたり、要望を募集したりして積極的に参加を促しましょう。視聴者が動画の一部となることで、ブランドへの愛着がより深まります。

🌈 ステップ4: 関係を維持し、常に新鮮なコンテンツを提供

ファンを作ることは長期戦。一度築いた関係を維持するためには、定期的に新しい動画をアップロードし、いつも新鮮な情報を提供し続けることが大切です。

まとめ:ただのPR動画じゃダメ!「想い」を伝えよう

PR動画ってただの宣伝ツールじゃありません。それは「想い」を伝えるミッション
だからこそ、ただ動画を作るだけじゃなく、顧客と心を通わせる努力が不可欠なんです。

PR動画だけでなく、チラシやwebページ等、その届けたい想いの最適な手段にお悩みになりましたら、ぜひ、YAMACOまでお問合せください。
会社の一員になったつもりで、”共にうれしいを創る”をモットーに全力でPRのお手伝いをさせていただきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

三河島デザイナー@動画制作

□荒川区|三河島を中心に密着系デザイナー
□経歴:通信エンジニア▷カメラマン専属アシ▷フォトグラファー▷印刷会社・動画制作、動画編集、グラフィックデザイナー
□三河島から全国へ情報発信!
□Adobe Ai, Ps, Id, Pr. Morisawa font.

印刷系サラリーマンを10年勤め晴れて独立。「お仕事」「お金」「ライフスタイル」等を真剣に発信中。荒川を「住みたい街ランキング1位」にすべく、動画クリエイター兼デザイナーとして地道に活動中!

コメント

コメントする

目次